代表取締役社長
笠井 充

お客様ならびにお取引先様におかれましては、平素よりお引き立ていただき、厚く御礼申し上げます。
株式会社Sharp Document 21yoshida (SD21) と株式会社吉田ストアの事業を譲受し、社名新たに「スターティアリード株式会社」として再出発させていただくことになりました。

母体となるスターティア株式会社グループは、創業以来、法人のお客様に特化した事業を25年以上一貫して取り組んできました。
「存続と成長に寄り添う」をミッションとして、ITインフラやテクノロジーを駆使したソリューションを幅広くご提案することで、中堅・中小のお客様が本業に専念できる環境づくりをお手伝いしてまいりました

新会社の名称「リード」は、英語「lead」のことです。この言葉には「導く、誘導する、先導する」などの意味があります。お客様のオフィス・ITインフラをより良いステージにお導きすることと、社員・組織をより良い方向に誘導すること、そして、中小企業のお客様向けのこの業界を先導する存在となることを目指すこと、の三つの思いを込めた社名といたしました。
日本内外の大きな潮流はコロナ禍で加速され、経営環境は刻々と変化していきます。そうした中で「存続」とは、変化に敏感に対応し、自らが変わることで初めて達成することができることを指しています。また、「成長」は新たな潮流を見通し、タイミングよく自らの変革を実行することによって実現されるものです。まさに今、「存続」と「成長」が企業に必要不可欠なのです。
スターティアリード株式会社は、このような考えを基礎として、お客様、従業員や関係者の皆様、そして業界の発展に貢献してまいりたいと考えております。
今後とも一層のご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2021年10月吉日
代表取締役社長
笠井 充

取締役
長岡 博信

取締役
鈴木 智則

監査役
植松 崇夫

TOP